今日も前回の続き、儲かっているサイトの秘密です。

 

前回は比較サイトの話をしましたが、「カカクドットコム」などは当初

創業者の槙野氏が家電屋の店頭価格を調べて、
その情報をせっせとホームページにアップする形でスタートしています。

システムを導入したのは、儲かってからです。

比較サイトを作成するのは難しくありません。

参入する業界を決めて、比較する会社やお店の情報を順番に載せていくだけです。

見る人が見やすいように情報を整理するだけ。

自分でコンテンツを作り出す必要もありませんし、
複雑なシステム開発も必要ありません。

掲載する会社やお店がアフィリエイトシステムを導入していれば
掲載時にアフィリエイトリンクを貼っておけばいいわけです。

これで比較サイト型アフィリエイトサイトが出来上がります。
比較サイトが儲かる大きな理由のひとつが、
「検索エンジンに好かれる」点にあります。

ひとつの企業の宣伝サイトより、それらを比較するサイトは、
利用者に利便性があるとグーグルは考えているようです。
私は企業のSEO対策をやっておりますが、その業界に比較サイトがあると
その比較サイトより上位へはなかなか表示させることができません。

だからこそ、逆に比較サイトを運営することで上位表示ができ、
広告も集まり、比較サイトは儲かるサイトとなり得るのです。

 

 

一度ご自分の業界に比較サイトが存在するかどうか調査されてはどうでしょう?

実はある会社は、自分の業界の比較サイトを運営しています。

比較サイトは他社の宣伝もすることになるので、自分の業界で作るのは
他社にも利をもたらすことになるので、イヤだという気持ちがあるかもしれません。

でも、比較サイトを作ることで検索エンジンでイニシアティブをとることでき、
比較サイトの最も目立つ位置に自社広告を出すことができ、今まで以上の
アクセスを集められるかもしれません。

他社を利すると言っても、貴社が比較サイトを運営しなくて、このままほっておいても
一定の数は他社に顧客は流れるのですし、逆にライバル社にアクセスを流してあげて
ライバル社から広告費をもらえれば、これはもう、ライバル者を傘下に従えた
フランチャイズ本部のような立ち位置に立つことができると思います。

モノは考えようですね。