ホームページで集客をするには、当然ですがホームページが必要です。

ブログやフェイスブックページなどホームページ以外のメディアもありますので、
ホームページを作らないという選択肢もありますが、
企業の信頼性を担保するには、やはりホームページは必須だと考えます。

そこで、そのホームページですが、ホームページをアップロードしたばかりの状態では、
御社のホームページは砂漠のど真ん中にお店を出した状態です。
そこには道路もなければ、もちろん人の通りもありません。

ブログは既に整備されているコミュニティの片隅にお店を出すことになります。

その為、ブログ作成したばかりでも道路は通っていますし、
記事を投稿すればコミュニティの表通り(各ブログサービスのトップページ)に
速報情報として掲示されますので、
表通りからの人の流れが発生することもあります。

ホームページは自ら道路を作る作業が必要です。

ネットでの宣伝とは、道路を作り、交通網を整備すること
その交通網から人を呼び込む作業を行う事です。

交通網を作る行為が、他のサイトからのリンクを増やす事。
人が集まるサイトからの交通網を整備することで、人の通り道を作る事ができます。

ネット上で人が集まって賑わっているサイト。
それが検索エンジンなどのポータルサイトです。

検索エンジンから人を集める方法がSEO(検索エンジン上位表示)対策、
もしくはPPC(ペイパークリック)広告になります。

他のサイトからのリンクを増やす事(被リンク)が交通網を作ることになり、
SEOでの評価を上げることにつながります。

最近は闇雲な被リンクは逆効果になりますが、
被リンクを増やすことがネット集客の第一歩であることを覚えていてください。