こんにちは。
まじコミュニケーションズの知念です。

連日オリンピックが行われています。

その中でもジャンプの葛西選手の銀メダルには、とても感動しました。

足かけ22年、7度目のオリンピックで初の個人メダルの獲得。

年齢は41歳。

これはもうすごいです。頭が下がります。中高年の星です。

経歴をカンタンに書きましたが、
この期間の重みは本人、家族にしかわからないでしょう。

少しのことで挫折してしまう自分自身が情けないです。

 

kasai
ジャンプは長野五輪で団体金をとって以来、ルール変更で多くの
日本人ジャンパーが苦しんだそうです。

オリンピックはなぜか日本人が勝つとルール変更になります。

先日のノルディックで渡部暁斗選手が銀をとった瞬間、
テレビで解説の荻原次晴氏が号泣したのも
ルール変更という訳のわからない壁に長年苦しんだ為でしょう。

それはそうと、20年以上も数々の試練を乗り越えて
獲得した銀メダルの価値は、本当にすごいのひとことです。
(葛西選手の方が金を取った選手よりジャンプの飛距離はあったのに
金じゃなかったのは、だいぶ残念でした。)

金と銅の選手は、もちろん20歳代の前半の選手。

親父と息子ほどの年齢差の選手に混じって銀をとっちゃうなんて、
何度も言いますが、本当にすごいことです。

その上、次回のオリンピックでは金を目指す。と発言していました。

私もついつい年齢を理由にしてしまう年代になってきましたが、
葛西選手の銀で猛省をさせられました。

「金メダルを取るまでやる」

葛西選手に負けずに、私もまだまだ夢をあきらめずに「達成するまでやる」
「達成したイメージを持ちながらやる」。

そんな初心に戻って物事に取り組もうと誓ったのでした。

 

沖縄に帰って来た時に、私の夢はメディアを立ち上げることになりました。

偏向マスコミ報道に少しでも一石を投じられたらいいなという思いです。

まともな新聞社を立ち上げたい。

それまでに沖縄が持つかどうかわからないので、ブログや動画で情報発信を
して行きたいと思っています。