号泣議員に警察のメスが入りました。

号泣していた割には、この人は私腹を肥やすために議員になったのかと思わざるを得ないほど、税金の使い方があまりにもずさんです。

最近、私が大好きな阪神タイガースが絶好調な理由が、号泣議員にあると論じている方がいます。

なぜなら、号泣議員は西宮選出の県会議員。

タイガースの本拠地甲子園球場は西宮市にあります。

7/1の号泣会見以来、タイガースは7/1から今日までなんと11勝2敗。

タイガースの選手が地元西宮選出議員の恥さらしぶりに、西宮のイメージをよくしようと奮起した結果だというわけです。

タイガースの選手には西宮在住の方がたくさんおられます。

西宮市にたっぷり住民税を支払っているわけです。

数億円の年棒だと、住民税は数百万円に上るそうです。

その血税が私腹を肥やすために使われたかもしれないわけですから、そりゃ憤慨しますよね。

しかも「西宮に縁もゆかりもない」議員に西宮のイメージダウンをされたわけで、怒りの快進撃となっているのは理解できます。

この議員、あ、元議員ですが、実は面識はありませんが、私の大学の後輩です。

大学のイメージにも傷をつけられました。まさに万死に値します。

おまけに、彼は選挙の時に、大阪維新の会とは何も関係のない「西宮維新」を名乗って当選したそうです。

これはビジネスだと商標権の侵害で立派な犯罪です。

西宮市民の中には、維新の会と勘違いして投票した人も多かったことでしょう。

それが証拠に過去4回の選挙は落ちて、「西宮維新」で当選しています。

「アディダス」の商品だと思って購入したら、よく見たら「アジデス」だったと同じようなことです。ほとんど詐欺です。

議員のレベルは市民の反映だと言われますが、西宮市民は騙されたわけで、彼の犯罪はしっかりと追及されるべきだと思います。

政治は山積みの課題がたくさんあるのに、こんな議員ばかりでないことを祈りたいです。

政治を志すなら私腹には目もくれず、公僕として国や地方に身をささげる覚悟が期待されます。

そんな政治家ばかりになるように選挙制度の改革も必要かもしれませんね。